ものごとの進め方:

多くの人が、「何をするか」と「どう進めるか」を混ぜて考えています。楽しみでやっていることはいいのでしょうが、ビジネスなどでは、分けて考えることをおすすめします。「何をするか」を考えて「何をするか」を決める、そして、決めた「何をするか」をどうやって実行するか。「何をするか」を考える過程で、他にもいろいろいいアイディアなどが出ていたことだと思いますが、そちらのほうがよかったとぐずぐずしていたり、「決めたこと」の実行に影響する頃は避けなければなりません。そうすると、当然、「決めたこと」がうまくいかない可能性が高くなりますし、うまくいかなった場合、決めた「何をするか」がよくなかったのか、「やりかた」がよくなかったのかわからなくなってしまいます。決めた「何をするか」がうまくいかないときは、あいまいに変更せずに、明確に変更し、それを関係者に周知することが肝要です。そうでないと、また、実行の力が弱くなります。

また、決めた「何をするか」は実行段階での見直しのマイルストーンを決めていて、必ずそこでこのまま進めてよいかを確認します。そのプロセスも明確にし、結果を関係者に周知することも大切です。数値基準を事前に決められればよいですが、​新規のことには、数値の基準も明確でないことが多いので、数値基準にこだわり過ぎない姿勢も大切です。

PC:

誤って閉じてしまったタブをその場ですぐに復元するショートカット

Windows⇒[ctrl]+[Shift]+[T]

Mac⇒[Command]+[Shift]+[T]

キャリア:

スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が提唱したキャリア理論:

・個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される
・偶発的なことを計画的に導くことでキャリアアップにつながる

⇒私のキャリアは、まさにこの通り。あまり興味がないと思って行った会社の面接で、評価され入社し、やりがいを持って実績を残せました。興味がないと思っても、話を聞いてみる姿勢を持っていたということです。

D2C:

DNVとは「Digitally Native Vertical Brand」 

 https://www.digima-japan.com/knowhow/world/16501.php?c=670077bdc15adbd4-e5646cf74aec11a4

起業:

企業内起業:

新規事業:

デジタル:

小売:

実店舗:

 

物流:

オムニチャネル:

新しいものと古いもの

リアルとヴァーチャル

アナログとデジタル

既存と新規

​⇒その融合

国際

文化

オペレーション

​語学:

中学以降に留学や滞在しても、ペラペラにはならないとどなたかは言われています。ペラペラの必要はなく、完全にネイティブと同じ発音の必要はないとは思っています。では、どのくらいが実用的なのでしょう。

目的によります。

多くの外資系企業で必要な英語のほとんどは、駐在している外国人上司とコミュニケーションするためと、他国の担当者とメールでやり取りする場合です。であれば、それほどのレベルは必要はありません。よく使われる表現を覚え、使い慣れるのが一番です。上司も大体の場合、過度な期待はしていません。

さらに上を狙う方は、それなりの努力が必要と思われます。語学は、要領は学び方の問題はありますが、結局、書けた時間によるものと思います。

主に英語ですが、1年留学していた人は2年は必要、2年留学していた人は3年は必要、と言います。3年の人は4年というのでしょう。私は2年留学していて、やっとなんとか回り始め感じがしたので、語学のためにはもう一年は留学を続けy多かったというのが本音でした。留学している際の年齢も重要でしょう。高い年齢でもなんとかはなりますが、若ければ若いほどいいと思います。私は30歳で留学し、クラスメイトに8歳下のタイの人がいました。当初、二人とも語学的にはクラスで同じレベルの味噌っかすでした。1年たち2年たち、私の語学力もかなり良くなりましたが、そのクラスメイトの英語は私よりもはるかに上となっていました。年齢のなせるわざと思っています。勉強の対象は経営学でしたので、すでにマネジメント経験もしている私は語学的にわからなくても、内容的にわかるということで生き延びたというのが本音のところでしょうか。

語学勉強法:

語学、特にリスニングやスピーキングに一番よいのは、ディクテーションとシャドウイングだと思っています。

私は、リスニング力をつけるためと、当時の海外放送のニュースの部分だけを録音して、始終聞いていました。結果、聞き流す癖がついてしまい、リスニング力がいまだに厳しいです。ただ聞くだけでは英語は上達しないということを身をもって知ったので、そのような勉強法は絶対おすすめしません。

さらにですが、語学留学というものがありますが、あまりおすすめしません。クラスは先生以外、英語があまりしゃべれない人です。学校以外でのコミュニケーションをはからなければ、結局クラスでの英語以上のレベルは得られません。できれば、英語以外の何かを学ぶために留学して、英語で学ぶことをおすすめします。英語以外の目的のための英語学習は非常に効果があります。ビジネスでも、音楽でも、園芸でも。

英語はどのくらい必要か:

結論からいうと国際的な仕事をする人は、どんな国の仕事であろうと絶対に必要です。
あるとき、フランス語をずっと専攻している日本人の大学生に会ったのですが、英語はあまりできないが、フランス語で仕事をしたのでフランス系に会社に入りたいと言っていました。私はフランス語大事かもしれないが、好き嫌いは別にして英語を学びましょうと、強くおすすめしました。なぜなら、その方を雇用するようなフランス会社があるとすると、その会社はかなりの確率でインターナショナルなビジネスをされている可能性があります。昔の英語を馬鹿にしていた時代と違い、現在の教育を受けたフランス人はほとんど流ちょうな英語を喋れます。多くの場合、インターナショナルな仕事で海外の会社の方と話をする場合、フランス人は英語で会話をします。すると、フランス語しかできない日本人は蚊帳の外に置かれます。よほど、語学以外のバリューを持っているのでなければ評価されなくなりますよね。

ビジネスレベルの英語力の基準:

外資の立ち上げなどをするときに英語のできる人材を採用しますが、

ビジネスレベルの英語力というところに、下記のような基準が欲しいといつも思っています。

1.メール対応のみ(後は挨拶プラスアルファ)

2.社内にいる外国人スタッフと別途細かいことはメール・文書で確認することで確実にコミュニケーションできる会話力

3.社内にいる外国人スタッフと確実にコミュニケーションできる会話力(会話のみで完結できる)

4.一人で出張をして、取引先と対面で話し、案件をまとめてくる英語力

5.1対1の電話会議でコミュニケーションができる能力

6.複数人の電話会議に参加して発言をする能力

7.複数人の電話会議で取りまとめ役ができる能力

*4と「5,6,7」はどちらがよりレベルが高いというよりも種類が違う能力と考えています。

 IT系やそれ以外でも複数拠点でプロジェクトを行う場合は、6が最低必要です。日本語でもできる人は少ないと言われますが、それは語学力以前の問題です。立ち上げの場合は大体、本国やインターナショナル部門の支援を受けてものごとを進めていきますので、6のレベルはないと難しいと言えます。
よく高い語学力よりもブロークンでもしゃべれればいいということが言われます。それは正しいのです、ただし、ちゃんと発言できれば。正確にしゃべれる方でも、「6.複数人の電話会議に参加して発言をする能力」の人は少ないようです。また、オーナーや自社のトップ(雇われ社長ではないという意味)であれば、その方及びその方の話に価値がありますから、相手はどんな下手な英語でも聞き取らないといけないので、最終的には英語は通じます(社長自身がコンテンツということです)。その社長の下手でもいいんだよという話を雇われている人が間に受けてはいけません。その社長の考えを伝えたり、実現するのが仕事ですから、ちゃんと伝えて、実行する能力が必要となります。立場により、必要とされる英語スキルが違うということです。

よく勘違いされているのが、「欧米人は電話よりチャット、メールを好むということです。」私の経験の中ではこれは間違いで、彼らは、やたら電話やビデオ会議を好みます。それも、よくいきなりかけてきます。私が所属していた企業は、バリバリのデジタル、IT企業でしたが、とにかく電話会議が好きでした。リモートで働いているということもありますが、とにかく直接話をしたがります。そして、内容の確認をメールでしてもリスポンスがなく、次の会話の際に結局口頭で確認して物事を進めるということが多いです。欧米の企業の中でもメールやチャットでちゃんと進めるところもあるでしょうが、それが当たり前だと思わないほうがよいと考えています。なので、プロジェクトを回す必要のある人には6のレベルは欲しいということです。

実はあまり英語のできない人でも、外国人による外資系の英語面接は合格できます。私は元部下だった人などが転職する際に、内緒でそのノウハウを教えています。そんなにたいして内容ではありませんが、それを実行すると合格率は倍以上になります。ただし、上記で言う2のレベルでいいと思っている採用に限ります。国内にほとんどの外資系求人は2のレベルです。このノウハウは、まだ、当面、文字するつもりはありませんが。
 

座右の銘:

「一生青二才」と「やるべきことをやる」ですが、会社のスタッフに言うとひかれますので、あまり言わないようにしていました。

​各種説明へ:
ECとは オムニチャネルとは D2Cとは デジタル化とは デジタルトランスフォーメーションとは
企業内起業とは 新規事業とは オープンイノベーションとは 新規事業創生プログラムとは
マーケティング支援とは  EC部長
よくある支援の方法
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり